第41回BOX・Q2杯:5月3日

一般大会
1位:FAL
2位:Squika
3位:羊インフルエンザ(SouthXatz)
4位:すけぞー
(参加人数:52人)


初中級者大会
1位:崖の上のぬわーーっ!(428)
2位:からさわ
3位:mu
4位:ETR(TOSH)
(参加人数:29人)


大会レポートを全て読む

BOXQ2杯優勝(FAL)

7年間かけてやっと初優勝です。
ありがとうございました。

今回、実は大会開始前から優勝する気満々でした。
・実力的に自分より完全上位のメンバーが皆無(4強不在
・一般大会の運営を全てIID/SANAに任せた

条件的にも「これは優勝するしかないだろう」状態。
IID君にも、事前に優勝宣言しておきました。

あとはHIRO君とSquika君を何とかするだけ。

一般大会前に行われた昇段戦は非常に不本意な結果に終わり、
精神的な弱さと調整不足を実感。

昇段戦終了後は一般大会に向けてひたすら調整のための対戦。
大会でどの台が指定されても良いように、全台で対戦してました。

一般大会開始直前ぎりぎりまで対戦し続け、
台を立ってから、とりあえずトーナメント表を見る。

初戦、2回戦の相手がしゅーえん君/さとし君と関西の強豪2連続。
さらに、BEST4に行くにはHIRO君を倒すことが条件。
結構なハイレベルブロックだったと思うけど、今日だけは負ける気がしない。

<全試合結果>
FAL 2 - 0 終焉
FAL 2 - 1 さとし
FAL 2 - 0 ひさ
FAL 3 - 0 しこら
FAL 3 - 1 すけぞー
FAL 5 - 4 Suquika

大会の進行テンポが良かったこともあり、
試合と試合の合間も他人の対戦を観察しつつ、集中力を切らさないように注意。
決勝に行くまで、結構順調だったのですが、
さとし君に1本取られ、後が無い状態の1戦は結構シビれました。

今回、初戦を落とした戦いが無かったのも2先の大会において大きかったと思います。

決勝戦のSquika君との試合。
内容が悪かった自覚はあります。
Sukuika君相手に、中盤戦を制して勝てる自信が無かったので、
極力本体勝負に持ち込む作戦。
見学者にとってみるとパッとしない地味な展開が多かったのかも。

4-4フルセットの最終戦も、途中までキーぷよしてましたが、
結構早いタイミングで本体発火に切り替えて発火。
約7万点と、先行発火としてはいまいちな点数ですが、
相手が発火できずに勝利。

今回は、とにかく運営を全て引き受けてくれた
なごやんのメンバーに感謝。
おかげさまで久しぶりに実力100%出せる大会となりました。
次回は運営を手伝います!

大会レポート(IID)

大型連休の中日だけど、何故か大会参加人数が少ない5月の大会。
それでも今回の大会参加者は一般大会52人、初中級者大会29人、全大会合わせた総参加人数は58人と、かなりの人に集まっていただいた。
この場を借りて参加者の皆様にお礼を申し上げます。
特に事前エントリーは運営側も非常に助かりますので、是非ご利用ください!

昇段戦
5月は規格型大会の月という事で、今回は昇段戦を行った。
こちらは、実際に旧AJPA(全日本ぷよ協会)の昇段戦に実際に参加していたSANAさんが中心に行ってくれた。
事前から入念に準備をしていてくれたらしく、非常にスムーズな進行で、予定時刻よりもかなり早く終わる事が出来たようだ。
こちらの詳細については、後日報告があがると思う。

初中級者大会
こちらは霞海雪君としゅーえん君が中心に運営してくれた。
予備予選→敗者復活トーナメント→本戦、という流れ。
見事1位に輝いたのは、崖の上のぬわーーっ!(428)氏。
名古屋の対戦会に良く参加されているプレイヤー。
この前も100本勝負をやっていたし、元々ネットで高い実力を持っていたので、優勝しても全然おかしく無いと思う。
前回に日陰氏が優勝して初中級大会を卒業していったので、428氏もそう遠く無い内に卒業出来そうな気がする。
2位は横浜セブンアイランドの第一部に参加されているからさわ氏。
前回に引き続き、セブンアイランド第一部の方が入賞された。
レベルの高い横浜のセブンアイランドの対戦会に参加されているだけあって、成長の早さもかなり高い。
名古屋と違い大会参加で経験が積めないというハンデはあるものの、最近はランバトも開催されているようで、大会経験の問題もクリアしてくるのも近いかも。
そのうち、初中級者大会を全てアイランド第一部の方が独占するなんて事もあるかもしれない。
3位はこちらも関東からの遠征者で、MIKADOに通っているmu氏。
BOX・Q2杯初参加でいきなり入賞はかなり凄い。
関東の対戦レベルの高さが伺える。
4位は久々に参加していただいたETR(TOSH)
元々はフィーバーの方だったけど、通でもかなりの腕を見せている。
AC経験はあまり無いようだけど、慣れてきたらかなり上位を狙えそう。

一般大会
ブロックを二つに分け、A〜C筐体はひさとすけぞー、D〜FはSANAさんと霞海雪君で担当して進行。
2ブロックに分けて、それぞれ進行していくのは、大会で使える台数の多いQ2ならではだと思う。
今回は比較的時間に余裕があったのでベスト8までは6台進行で、それ以降は2台進行で進めていく事にした。
いつも参加している、かめちゃんや服部君は不参加で、関東からのALF君やkuroro氏も参加されなく、人数も比較的少なめだったので、いつもよりは比較的勝ちやすい大会では無かったかと思う。
それでも関東や関西の遠征者と、名古屋からも多くの上級プレイヤーが参加されているので、レベルが高い事には変わらない。
そんな中ベスト8にコマを進めたのは、FAL氏、ダーク潮干狩り(4545)氏、葉露(はろー)(お魚屋)氏、すけぞー氏、羊インフルエンザ(SouthXatz)氏、太陽の申し子氏、ツンデレはキチガイ、時代はヤンデレ(stily)氏、Squika氏。
トーナメント表は後日アップする予定。
試合内容に関しては、次回のBOX・Q2杯大会CDで配布する。
この中で印象に残った試合が一つ。
Squika氏と羊インフルエンザ氏の試合で、羊インフルエンザ氏の本体に対して、Squika氏が少し早めに合わせて本体発火。
結果はSquika氏の本体の方が大きくて連鎖勝ちしたけど、羊インフルエンザ氏の連鎖がかなり際どい残り方だった。
あれを瞬時に繋がっていないと見切って発火したとすればかなりの凝視力だと思う。
後で本人に聞いたところ、完璧に見切っては居なかったけどかなり高いレベルで認識していたようだ。
最終結果はFAL氏が優勝。
最後はSquika氏とかなりレベルの高い試合をみせたけど、最近平日にもACで対戦しているFAL氏の方が若干上回ったか。
今回はFAL氏は運営という立場よりも、選手として大会に参加するという面が大きかったらしい。
と、言うわけで選手としての大会レポートを書いてくれるよう希望しておきますw

大会レポート(日陰)

皆さん大会お疲れ様でした。
今回も名古屋勢がおいしくいただきました(゚∀゚ )
FALさん、428さんおめでとうございます。

ミカドやa-choなどのレバーと感覚が違うので、本領発揮できないという点もあるかもしれません。

しかし、実力は本物。
次回の大会では関東勢の方々が入賞を獲りに来るのではないでしょうか。

名古屋も負けていられませんね〜