対戦会記(IID)

今日は大会翌日の祝日という事で、遠征者の方が対戦をしているのではと思いBOX・Q2へ行く。
2時前に到着すると6人ほど居て対戦を行っていた。
しかし、様子を見るとどうも普通の野試合とは違う…お魚屋さんに聞くと、3台中2台で連戦中だとの事。
一台は関西の強豪、SouthXatz氏とお魚屋さんの30本勝負。
そして、もう一台はなんとSquika氏とHIRO氏の100本勝負で、昨日のBOX・Q2杯優勝者と準優勝者の100本という好カードだった。
到着した頃には両者共50本近かったけど、非常に興味深かったのでそこから観戦する事にした。
僕が到着した時は両者本数的にほぼ互角、そこからお互いに勝ったり負けたりを繰り返して、64−64という接戦。
両者共かなりレベルが高く、特に中盤戦はなかなか本戦を打たず、かなり緊迫した攻防が続いて見ごたえがあった。
その後はSquika氏がジリジリと差を広げていき、84−74とリードを広げていく。
ここからSquika氏が怒涛の10連勝をみせて94-74と大きく差を広げた。
そこからHIRO氏も反撃を見せるも追いつくことが出来ず、100−80でSquika氏が勝利して、昨日の雪辱を晴らした結果となった。
この日のSquika氏は本人曰くかなり好調だったようで、中盤の2連鎖マルチ等がかなり冴えていたように思えた。

今回は他にもいくつか連戦勝負があり、他には日曜日の大会当日にIIDとお魚屋さんの30本勝負や、HIRO氏とSquika氏の100本の後に、お魚屋さんとsyoji氏の30本勝負なども行われた。
結果が知りたい人がもし居れば、本人に確認が取れたものだけ公表しますw

時間が経つにつれて人の数も増えて、野試合も盛り上がった。
僕が特にみていたなかで特に勝っていたのがkuroro氏で、かなりの連勝を重ねていた。
なかでも特筆したいのが、その異常なまでの積みの速さ。
圧倒的な劣勢から、正確かつ速い積みで見事な逆転を見せた試合は、見ていて非常に圧巻だった。
昨日は開始時刻に間に合わず、大会には出られなかったのが悔やまれる。

時刻も夕方くらいに差し掛かったところで、なごやんメンバーのFAL君やかめちゃん、ひさがやってきて、それと入れ違いに僕は帰宅する事にした。
次回はおそらく、大会の翌日が平日になると思うので、臨時対戦会があるかは微妙なところだけど、もし休みがとれたらまた参加したい。

 

土曜対戦会:2009年1月10日

参加メンバー:IID、日陰、服部、4研EPM、AKHUA、Rayborn、かめ、お魚屋、けい1、あいな、SHADOWGATE、遠征者A


この日の記事を全て読む

対戦会記(IID)

今日は大会前日という事もあり、対戦台が2台になっていた。
19時少し前に到着したものの誰も対戦しておらず、どらぽん君が居ただけだった。
しばらくして、4件EPMさんが来て少し話をしてから対戦開始。
対戦をしている内に人が増えて来て、遠征者の方も何人か来てくれた。
名前の分からない方が居たけど、こういう人はなるべく大会で名前を覚えて、出来るだけ積極的に話しかけ、コミュニケーションの輪を広げたい。
時間が経ち、そろそろ1台じゃ待ち時間が多くなると2台目の対戦台で始めたが、なんとレバーの左方向が効かなかった。
店員さんの迅速な対応のお陰でなんとか問題は解決し、そこから2台フル稼働となる。

大会前にしては少し寂しい感じもする人数であったが、プレイする分にはちょうど良い人数で、あまり待たずに対戦出来たのが良かったかもしれない。
今日一番勝っていた印象があったのはかめちゃんで、やはり点数が高い。
他には関西のお魚屋さんやAKHUA君がなかなか強かった。
僕もそこそこ調子が良くて、両替した1,000円分の50円だまが結構あまっていた。
これが普段の対戦会で、かめちゃんや服部君とタイマンになると、あっという間に無くなるから困る。

色々と雑談しつつ対戦をする。
こういうコミュニケーションを取り易いのも、実際に会って直に対戦できるACならではだと思う。

今日は少し早めの23時30分にBOX・Q2を出て、かめちゃん、Rayborn君、どらぽん君、けい一さんと僕の5人で近くの中華料理屋へ少し遅い食事をとった。
ここは、なごやんメンバー御用達の店でもあるためか、から揚げがサービスで付いてきた。
1時くらいまで食事をしてから解散。
明日はいよいよBOX・Q2杯と同時に、このブログのお披露目の日でもある。
願わくば、このブログを通じて、BOX・Q2杯や対戦会、ひいてはぷよ界が盛り上がって欲しい。

 

対戦会記(日陰)

8時40分頃箱入り。

BOXQ2杯が控えているから、今日あたりは調整しに来る人が多いのでは…?

と思いきや、

俺合わせて三人しか居ませんでした(ノД`。)

俺(dorapom)、IIDさんと、FALさん。

俺が来るまでは、恐らく明後日のQ2杯について話し合っていたんだと思う。

その後、三人で回しやりました。

せっかく来た俺のために気を配ってくれたのかも。

滅相もないです(@_@。

途中まで気合いが入らなかった為、店の自動販売機でリポビタンD飲んだら、

暑かったせいなのか、負けまくったけれど、動きは良くなった。

バッテリー切れのロボットかよ俺はw

まあこれは俺の話。

やっぱりFALさんは強い。

何度か挑んだのだけれど、結局一セットか二セットくらいしか取れなかった。

催促のタイミングや、安定感が俺とは全くの別物。

俺もこれから、試合をたくさん重ねていって、もっともっと頑張ろう。

FALさんは暫くすると帰って行ったから、残った二人も後を追うようにして退散。

今日もお疲れさまでした。

明後日は大会だから皆頑張ろう。

対戦会記(IID)

今日は19時30分頃に到着。

しばらくするとFAL君が来たのでブログの打ち合わせをしばらくする。
もう明後日公開なので最後の詰めに入らないといけない。
色々と話して大分話がまとまってきた。

そしてどらぽん君が来たので3人で対戦をする。
この中だとやはりFAL君が一番勝っていたかな。
それでもそれなりに勝ったり負けたりして、なかなか良い感じに回せていた。
大会週の金曜会としては若干人数が少ないものの、内容的には対戦前の話し合いも含めてなかなか充実していたのでは無いかと思う。

FAL君が先に帰り、その後少しタイマンで対戦をしてから解散となる。
いよいよ明後日はBOX・Q2杯。
明日から遠征者の方も何人か来ると思われるので、出来る限り早めに行こうと思う。

 

臨時対戦会:2009年1月4日

参加メンバー:Cybersound、FAL、IID、WAS、かめ、ひさ、日陰、あいな、しゅーえん、服部


この日の記事を全て読む

服部vsかめ:100本勝負(WAS)

 ゲーセンでの対戦をネット中継、良い時代になったものです。
 月に何度も顔をあわせる自分たちとは違い、ネット配信の視聴者の皆さんにとってはまさにドリームマッチ。古いネタでたとえるなら王VS長嶋かな?

 自分が見始めたのは60〜70本あたりからなのですが、かめ側が10本程度のリードという、シーソーが傾いたままバランスを保っているような予断を許さない試合状況。
 中継に煽りを入れるなら「なんというくまちょむ総受け」と書き込んでいたに違いないでしょう。私は悪ノリが大好きなのです。

 最後のほうは二人が血まみれで殴り合ってるような、そんなヴィジョンが見えるぐらいのものすごい意地のぶつかり合いを感じ取れました。「辛そうに見える」というネット視聴者がいたのも頷けます。

 結果こそ100−90だったものの、あくまで十数年打ち続けた中のたった2〜3時間に過ぎないのだから、それだけで全てを語るのは早計というもの。
 これを次へ踏み出すための確認地点として、お二方にはこれからも頑張っていただきたいものです。

 少し余談になりますが、今の自分には100本こなす体力はおそらくもう残っていないでしょうね。大体27〜8歳付近から衰えが見えるといわれていたと思いますが、なごやんの古株は全員このラインを突破しつつある厳しい状況。
 老人達は衰えを食い止める努力、若者は老人達が衰える前に彼らを乗り越える努力が出来るのが理想かな。そうしなきゃ連鎖界(笑)は衰退していくしかないのですよね。
 このブログが立ち上がり、大きな企画書が上がって来たのもそんな背景があったのかもしれませんね。

服部vsかめ:100本勝負(IID)

今日は臨時の対戦会。
とは言っても主目的は服部君vsかめちゃんの100本勝負だけど。

当日の昼に服部君から電話があって、WEBカメラでインタビューの配信をするという事を聞かされる。
WEBカメラが欲しいというので、かなり高性能の奴を持参してBOX・Q2へ。
到着した時にちょうど服部君がご飯を食べてに行っていたので、その間に設定をしておく。

しばらくして服部君が来たので色々と設定。
カメラの位置やらインタビューの設定やら配信の準備等色々。
逆行でインタビューを受ける人の顔が見えにくかったので、ひさにビックカメラへライトを買いに行ってもらった。
そんな感じで配信直前までかなりバタバタしていて大変だった。

そしてなんとか配信を開始して、インタビューが終わりいよいよ100本開始。
対戦内容についてはレベルが違いすぎるので割愛。
ただ、普段から服部君のぷよを見ている感じだと、服部君がいつもとかなり打ち筋も含めて違っていたように感じた。
かめちゃんの方はギャラリーと話していたりしてリラックスしていた様子だった。
しかし二人ともかなり集中力を使っていたのか、僕も目から見ても結構あらが目立った。
特徴的だったのが、開幕4手同じ色のゾロ目ツモの捌き方。
普段であれば2手全を二回とるところを、なんと二人とも6個消しで処理してしまっていた。
やはりこれだけレベルの高い試合だと消耗も相当なものだろう。

最終的に100-90でかめちゃんの勝利。
結果はともかくとして、見てるほうも非常に疲れた100本勝負だった。
自分が100本やるよりも疲れたかもしれないw。

今でこそこの二人の100本は、全国のぷよらーから注目をされ、かなり特別な意味を持っているようだけど、実は昔は比較的よく100本をして勝ったり負けたりしていたりする。
そう考えると、今よく100本をやっているCybersound君とSquika君の関係に似ていたかもしれない。
どちらが上かを決める100本では無くて、お互いの実力を高めあうための100本。
最近、そういった100本が少なくなってきているような気がする。
なごやんぷよの会のブログでも100本勝負に関するコンテンツを設けるつもりだけど、それによって今まで以上にこういった勝負が増えていって欲しいものだ。
かく言う自分も、以前はそれこそ毎週のように100本をやっていたけど、最近はごぶさただったりするので、またコンテンツが立ち上がったら、それをモチベにして100本勝負をやっていきたい。

そして試合とは別の配信の点で反省点が一つあった。
インタビューの時の声が聞き取りにくいという点。
これは最後の方にマイクの入力を変えることである程度解決出来たので、次回からは最初からそうするようにしよう。

なにはともあれ、100本勝負をしたお二人ともお疲れ様でした。

 

土曜対戦会:2009年1月3日

参加メンバー:Cybersound、FAL、IID、syoji、WAS、かめ、日陰、ひさ、あいな、服部、首領パッチ

この日の記事を全て読む

対戦会記(IID)

本日は土曜会。
21時30分頃にBOX・Q2へ到着したら既に対戦会が始まっていた。
どうやら僕が行く前に、関東の首領パッチさんが遠征に来ていたようで。
残念ながら僕は対戦は出来なかったけど、CyberSound君と服部君が対戦していてくれたらしいので良かった。

昨日と台の配置が変わっており、一番奥に配信用のPCが用意されていて、テスト配信が行われていた。
特に告知したわけでも無いのに、結構沢山視聴者が居たのを目の当たりにして、ネットの伝達力の速さを思い知らされた。
視聴者は誰がやっているか見えないのに、結構対戦している人を当てていた。
観戦者のコメント付の対戦会はなかなか新鮮で、こういうのもたまには刺激になって良いかもしれない。

僕自信はそこそこ調子が良くて、結構勝てたかな。
配信されてると思うとついついいつもと違うぷよを打ってしまうw
大抵、こういう格好つけたぷよを失敗するので、出来ればいつも自然体で打ちたいものだ。

配信も概ね好評で、なかなか良い試合も何試合かあったと思う。
明日の100本勝負も楽しみだ。

 

金曜対戦会:2009年1月2日

参加メンバー:IID、Rayborn、ひさ、かめ、日陰、(服部)

この日の記事を全て読む

対戦会記(IID)

今日は22時くらいにBOX・Q2へ参戦。
既に居たメンバーは、ひさとRayborn君。
しばらくして、どらぽん君とかめちゃんがやってきた。
一応、20時くらいに服部君が居たらしいけど、僕が到着した頃には帰ってしまっていたようだ。
最初は、僕とひさが1P側でRayborn君とどらぽん君が2P側で対戦。
ちょうど古参vs新規という形になっていた(Rayborn君はもう中堅と言ってもいいくらいだけどw)。

途中でかめちゃんが参戦、空気を読まずに2P側へ行く。
かめちゃんが来てから1P側が負け始める。
何試合目かにかめちゃんお得意の大連鎖が炸裂。
15連鎖で10万点也。
まあただ、15連鎖ともなるとこれは打たれた方が悪いとも言える。
催促で打たされて、その間に良いツモが来て伸ばされたとかならともかく、今回のケースはかめちゃんをフリーにさせて好き放題伸ばされた結果だった。
15連鎖を催促や潰し無しで打たれた人は猛省すべきである。
まあこれ打たれたの僕だけどw

僕は少し早めの23時頃に帰宅をした。