第8回a-choぷよぷよ大会:2009年10月18日

優勝:白い悪魔
2位:すけぞー
3位:もほほい
4位:T,Tたか

 

第2回帝王杯:10月11日

一般大会
1位:Alf
2位:戦技研副所長(Tom)
3位:kamestry(かめ)
4位:FAL@なごやん(FAL)
(参加人数:100人)

大会レポートを全て読む

帝王杯レポート(FAL)

東京で行われた高田馬場ミカドのぷよ通大会に参加してきました。
公式情報などはこちらから


■行き

すけぞー便で東京へ。

メンバー:すけぞー、FAL、SANA、ひさ、もこ、さつまりこ、かめ

朝6時半名古屋駅集合。
遅れたら容赦なく置いていくという条件付

一番遅かったかめちゃんでも2分遅れ程度。
なごやんぷよの会としては奇跡的な時間厳守だったと思う(笑

ほぼ全行程高速道路を使用。
これ以上無い位の快晴で、青空がまぶしい。
助手席に乗ってましたが、ずっと景色見てても飽きなかったです。
富士山もクッキリと綺麗に見えた!

任天堂DS持込でぷよ対戦と麻雀をやりました。
7が全部ドラとかどんなインフレルールだよ。
跳満より安い手を上がった記憶なし!トップ余裕でした!


■高田馬場

到着後すぐに昼ごはん。
ラーメン屋「俺の空」に行きました。

色んな人が薦めるだけあって、おいしかった。
つけ麺食べましたが、これは人に自信持って紹介できるレベルですね。


■大会

4位でした。
ありがとうございます。
かなり運要素高かったですが、結果は素直に嬉しいです。

特に1、2回戦が一番危なかった。
何やってるか意味不明なプレイをするも、相手に助けられました。

3回戦以降は安定して戦えてたのですが、
団長の実況をまともに聞いてたら笑えてプレイできません。
上着が薄紫色のシャツだったのですが、
それをネタにされて「紫」連呼しすぎです(笑
しかも、なぜか自分の試合は高確率で紫が配色にあるし
ニコニコ動画参照


■飲み会

人数多くて盛り上がりましたねー。
もはやこっちがメインと言っても過言ではない。

mas君、雪丸君、戦技研ばぶるがむさん、戦技研anaguraさん、アドレーヌ君、
いつものなごやんメンバー他、
非常に多くの方と話ができてよい飲み会でした。

身内の話ですが、名古屋の若手、もこ君の研究熱心さに感心させられました。
動画の考察が鋭すぎる。
FALのプレイスタイルなんかもしっかり分析されてました。
将来楽しみです。


■帰り

再びすけぞー便

メンバー:すけぞー、FAL、ひさ、もこ、SANA、IID、霞海雪

23時過ぎに出発。
呑んで食って遊んで、しっかり疲れて、すぐにでも爆睡可能な状態ですが、
行きと同じく助手席に座って、運転手の話し相手に。
結局帰り道も殆ど寝ずに名古屋へ。
(最後の方は何回か寝落ちしてましたが)

名古屋に4時過ぎに到着、解散しました。

お疲れ様でした〜

 

第43回BOX・Q2杯:9月20日

一般大会
1位:もほいか(Squika)
2位:かわいいstilyちゃん(stily)
3位:IID
4位:kamestly(かめ)
(参加人数:64人)


初中級者大会
1位:世紀末パズルアクションゲーム二郎勢イクス(イクス)
2位:霞海雪
3位:KNT
4位:暴発特急そうら(soula)
(参加人数:36人)

ぷよぷよ7大会
1位:momoken
2位:ミーア(MIEA)
3位:真のだいず(tosh)
4位:まほいか(Squika)
(参加人数:39人)

大会レポートを全て読む

大会レポート(FAL)

今回の自分のレポートには、大会の内容が含まれていません。
書きたくても、試合内容を殆ど見ていないので書けないのです。すみません。

■BOXQ2の当日の環境

・ぷよぷよ通対戦台 6台
・フィーバー対戦台 2台
・ぷよぷよ7対戦機 4セット


ということで、合計12組の対戦環境が揃いました。
すごいですねー。
BOXQ2全体の3分の1くらいのスペースを使用させてもらいました。

■予想を超える盛況



一般大会の参加者が64名。
初中級者大会や7大会にしか出なかった人を含めると80名近い参加者。
普段よりも遥かに広いはずのスペースが非常に狭く感じるほどでした。

関東、関西、北陸からのいつもの遠征者たちに加え、
静岡のしずぷよ、九州のばたんQの会からも遠征者が参加しています。

■ぷよぷよ7



ぷよ通対戦台とフィーバー対戦台の間にテーブルを2台並べ、
そこにNINTENDO DSを並べて対戦環境を用意。

せっかくテーブルがあるのだから、大会だけでなく、
終日フリープレイにしておいたらいいんじゃないか?
ということで大会以外の時間もフリー対戦として開放しました。

対戦を盛り上げるために、簡単なイベントをやったほうがいいのでは?
と、ミニトーナメントなども企画していましたが、
そんな小細工しなくても充分に対戦が盛り上がっていたので、
最後までフリープレイ状態を維持。
(スタッフに余裕がなかったという理由もありますが)

■準備不足

当日の参加人数を考えると今回は少し準備が足りませんでした。
特にぷよ7の大会については、前日までにもう少しやれることをやっておくべきでした。
大会が全体的に遅れ気味の進行で参加者に迷惑をかけてしまったのも申し訳ない。

ぷよぷよ7では、画面が見えない携帯ゲーム機での大会ということで、
地味な展開にならないように少しでも対戦の雰囲気を伝えようと、
webカメラを使ってPCモニターに映す方法を考えたのですが、
これも不発に終わってしまったのが残念。

次の企画型大会はおそらく来年3月のマスターズ大会になるので、
次回は準備をしっかりして間違いのないように行きたいです。

大会レポート(IID)

【ぷよぷよ7大会】
Q2初のコンシューマ機での大会というぷよぷよ7大会。
初の試みという事で色々と手探りな部分があったものの、無事に終える事が出来ました。
僕が進行をしたという事でレポートを書きます。
参加人数は39人と予想以上の参加者でした。
中にはぷよ7大会のためだけに参加されたという新規の方も居て、大会を開いた甲斐がありました。
また、当初はぷよ7のみの参加予定だった方が、終わった後に一般大会も出たいと言ってくれて、ACと家庭用を繋ぐイベントになったのではないでしょうか。

機材のトラブルがあり、当初予定されていたDSの画面をモニタに映せなくなったのが残念でした。
そのお陰で非常に地味な大会になってしまった印象がありますw
ただ、参加者の方には楽しんでいただけたようで良かったです。

4組進行という事もあり、大会自体は問題なく進行していきました。
使用キャラはアルルとダークアルルが多かった印象で、組みやすい2個ツモが人気でした。
だいへんしんルールといえども基本はぷよぷよであるため、通やフィーバーの強者が勝ち上がって来た印象でした。
見ていた感じだと、だいへんしんで逆転しているケースはかなり稀で、ほとんど本体第一波で勝負がついていました。
自分がみていた限りでは、だいへんしんルールで勝っていたのは一戦だけでしたw

面白かった試合は、あんどうりんごのdrapon氏とカーバンクルのstily氏の試合でした。
その2戦め、stily氏がフィバ待ちならぬだいへんしん待ちをとり、かなりの長時間の試合でした。
レート切れを狙ったり、何度もだいへんしんに入ったのですが、残念ながら逆転をするには至りませんでした。
色々な意味で一番盛り上がった試合だと思いますw

そんな初のQ2でのぷよぷよ7大会でしたが、優勝は関東からの遠征者momoken氏でした。
momoken氏は通でもフィーバーでも高い実力を持っているため、両方がうまくマッチした結果ではないでしょうか。
だいへんしんは多ツモではあるものの、試合の流れ的には通に近いので、多ツモが使えて通の戦略に精通している方が強いのでは無いかと思います。

初の試みである7大会でしたが、参加者の皆様の強力もあり無事に終了する事が出来ました。
フリープレイも好評で結構対戦されている方が居ました。
今回みたいに、今後も家庭用専用の方がACに参加してくれればなと思います。

 

第7回a-choぷよぷよ大会:2009年8月23日

ぷよぷよフィーバー 大会結果
優勝:△×(SANA)
2位:stilyちゃんぷりちー☆(
stily
3位:さつまりこ今秋発売予定!!(さつまりこ)
4位:かめ


ぷよぷよ通 大会結果
優勝:かめ
2位:つのぽん
3位:一条の代理(live)
4位:た〜ち

a-cho公式に結果がアップされています
http://www.a-cho.com/ac.html

 

BOXQ2お盆だよ総当り戦!(かめ)

BOXQ2お盆だよ総当り戦!

総当り戦は忘年会にしかやっていなかったので、この機会にと急遽開催。
勉強やコミケなどでフルメンバーは集まりませんでしたが、総勢11名で総当たり戦を行いました。
総当り戦の利点としては、「自分がどれほどの実力」なのか。
また、いろんな人と対戦をするので、「安定した戦い方ができているか」などを図ることができます。
なごやんの実力順位ともなってきます。

5本先取なので思う存分対戦ができて、楽しさの陰で疲れも見えてた模様。
対戦相手は10人居るので約50本先取りと同じです。
遅れてきた人なども居ましたが、その辺はうまく調整して無事終えました。
皆さん「自分は何勝するぞ!」と目標を立てて頑張ってました。
なごやん同士のライバル探しのいい機会にもなったんじゃないかと思います。
今後の目標としては「自分より上には勝つぞ!」の勢いで頑張ってくれるといいですね!

総当りの結果は以下の通りです。
結果は       勝率 
1位 かめ  10勝0敗(83%)
2位 stily  8勝2敗(73%)
3位 Cyber  8勝2敗(66%)
   dorapon 7勝3敗(58%)
   SANA  6勝4敗(55%)
   ひさ  4勝6敗(45%)
   Rayborn 4勝6敗(43%)
   WAS 3勝7敗(39%)
   あいな 3勝7敗(39%)
   もこ  1勝9敗(33%)
   KNT 1勝9敗(23%)

上三人が抜けた感じで、ドラポン・SANAが中堅、ひさ・Rayboen・WAS・あいなは均衡が取れた感じ(個人的にはひさが不調ぎみ)、もこ・KNTは頑張りましょう。
※参考程度※ これを参考に自分より一つ上の人をライバルとして頑張っていきましょう。

忘年会では今以上に力を付けて挑みましょう。


総当り終了後、無回転トーナメントを開催。
この日のために色々考えたのですが、ごちゃごちゃするのも分かりずらかったのでシンプルに決めました。
レバー操作だけで連鎖を組んでいくので運要素倍増。
普段の対戦とはまた違った楽しさがありました。
無回転王者は……「はい、かめです。」

ありがとうございました.

 

2009年8月15日なごやん総当たり戦(プラスα)結果(SANA)

お盆にかめ氏主催のなごやん総当たり戦がありました。
http://nagoyanpuyo.jp/article/31191605.html

参加者は以下の11名
stily,あいな,もこ,日陰,WAS,かめ,Rayborn,ひさ,KNT,CyberSound,SANA
遠征者が集まらなかったのは残念ですが、予想よりはたくさんの人が来てくれました。
ありがとうございます!
5本先取なだけあって、番狂わせが起きづらく、
まぁ大方の予想通りかめ氏が日蔭君以外には1本しか取られない
という安定ぶりで(2先でも負けてないって事ですねw)
全勝優勝を達成。
以降も実力者が安定して勝ちを重ね以下のような結果になりました。

総当たり戦結果
1位:かめ(10勝0敗、50-10)
2位:stily(8勝2敗、44-16)
3位:CyberSound(8勝2敗、45-23)
4位:日陰(7勝3敗、41-29)

ちなみに私SANAは5位でした。あと1勝が!!
個人的にはかめ氏以上にstily氏に勝てる気がしませんでした。
かめ氏は対応型ですが、stily氏は結構攻めてくるんですよね。
全然耐えきれませんでした。
年末では彼の巻き返しに期待したいです。
自分がstily氏に巻き返す可能性は0です。


その後、大会結果を元にかめ氏が適当に書いたトーナメント表で
無回転トーナメントを開催。
トーナメント表の写真


大会結果を元にした割にはCyber氏とかめ氏が同じブロックに居たり、
いまいち良くわかりませんがw、まぁかめなのでOK。
無回転なため、ちょっとでもおじゃまぷよが降ると一気に旗色が悪くなるため、
総当たり戦に比べて番狂わせが起きやすく、
stily氏がもこ君に敗れるなど、なかなか白熱した戦いが見られましたが、
終わってみると、やはりwかめ氏が決勝でWAS氏を破って優勝しました。

一応ビデオに撮ったので、そのうち公開されるかもしれません。。。よ?

 

第42回BOX・Q2杯:7月19日

一般大会
1位:かめ
2位:momoken
3位:服部
4位:えんりゅう(flare)
(参加人数:57人)


初中級者大会
1位:なんでポニョすぐ死んでしまうん?(428)
2位:てぃてぃたか(T,Tたか )
3位:ヒロシ
4位:あたる@ユウちゃんねる
(参加人数:32人)

フィーバー大会
1位:未来系アイドルstilyちゃん(stily)
2位:風来のザングース(ぬんか)
3位:momoken
4位:ヒロシ
(参加人数:27人)

大会レポートを全て読む

大会レポート(FAL)

7月大会、さてどれくらい人が来るのだろう?
と予測がつきにくい状況で、結果はトータル60名。
ありがとうございました。

スペースも限られてましたし、狭かったし熱かったですね。
皆さんお疲れ様でした。

大会スタッフ一番乗りで、朝10時ごろに現地到着。
すでにフィーバーは対戦者多数。
逆に通はまだ空き台がちらほら。
まぁ、最初の大会がフィーバーですしね。

空いてるうちに少しでも通で対戦!
ということで、荷物を全部受け付けカウンターに運び終わってからしばらく対戦。
そういえば、今回は家の中から突然見つかったどでかバンクル(カーバンクルのぬいぐるみ)を大会商品用に持ち込みました。
ぷよ通筐体の上に黄色い物体が乗っかってるのを発見した人多いと思いますが、あれがそうです。
名前の通りでかいです。

さて、11時ごろからIID君が来て受付が始まる。
今日は郡上で盆踊りらしいですが、受付のためだけにQ2に来てくれました。
サンクス。

フィーバー大会の参加者には今回、服部君から提供してもらった
フィーバー2のステッカーを配布。
思いのほか喜んでもらえたようでよかったです。

フィーバー大会は元から参加する予定なかったので、
ずっと通の対戦をしてたのですが、隣のぷよ通台にかめちゃん着席。
あれー?まだフィーバー大会中ですよ?
なんと、かめちゃん負けたのかー

ってことで、フィーバー大会はstilyさんの初優勝。
おめでとうございます。

初中級者大会は428さん2連覇。
名ばかり初中級(笑)のこのレベルの大会で2連覇は立派です。

16時からいよいよ一般大会。
気分だけは2連覇する気満々(最近全然対戦やってません)
ブロック運に恵まれ、とりあえずBEST4はもらった。
と思いきや、いきなり1回戦でAKHUAさんに負ける。

1試合目:催促→本体発火で順当勝ち
2試合目:催促急ぎすぎて、残った形が愚形。連鎖再構築できずに負け。
3試合目:催促→本体発火で勝ち、の予定が華麗に暴発。折り返しで仕掛け巻き込みました

まぁ、最後の試合も本体繋がっていれば返せるものの、相手のセカンド次第ではまだ有利不利不明な状況、ということで完敗です。
2連覇の夢あっさり破れる。

一般大会で今回一番印象に残ったのは、
やっぱり準決勝のmomoken vs 服部ですね。
momoken君が余りに完璧すぎた。

1試合目は服部君が一方的全消し。
勝負ありかと思いきや、おじゃまの上で超絶連鎖を発火成功させて逆転。
ビデオで見直したい1試合。
2試合目、3試合目は共に中盤の攻防で服部君よりも優位に展開を進めたmomoken君の勝利。なんと3本ストレート勝ち。
服部君が何か間違った手を打ってるようにも見えないし、momoken君をほめるしかないですねー。

でも結局優勝したのはかめちゃん。
あんたィ異常だよ。

さて、大会後は中華料理屋で食事会。
SANAさんが最初に予約した時は20名だったそうですが、
部屋に入ってみたら明らかに倍の40名はいます。
人数多いとやっぱ楽しいですね。色んな交流も生まれますし。
自分は前半は酒テーブルでsouthXatzさんやY・Iさんと語り、
後半は魚屋さんと霞海雪君とオタ話で盛り上がってました。

って事で勢いだけでザっと感想書きました。
皆さんホントお疲れでした!!

 

2009/06/30 近況報告(FAL)

ポイントランキング
何とか公開できる形へ持って行きました。
ポイントの計算システムはだいぶ前から決まっていたので、
それを文書と表に起こして公開。
2008年の集計は丸1週間かかって何とか集計完了。

2009年の集計はまだ集計が反映されていない大会がいくつかありますが、
できているところまでで一旦公開しました。
これも近いうちに終了している全ての大会結果を反映させます。

ちなみに、2009年のランキングは、個人個人の戦歴も全て公開する予定です。
こちらも近いうちにアップしますのでしばしお待ちを。

BOXQ2杯の新ポイントランキング

昇段戦の結果反映
昇段戦の集計結果の正式ページがまだできていませんが、
先に「ぷよらー紹介」の段位が更新されました。

第42回BOXQ2杯
帝王杯も終わり、次はBOXQ2杯、ということで
7月に入ったら掲示板で事前エントリーを開始するほか、
色々な場所で宣伝を始めます。

BOXQ2杯は7月19日

 

帝王杯:2009年6月21日

大会結果
優勝:Tom
2位:Thomson
3位:Kuroro
4位:momoken

※大会の規模を考え、優勝者のTom氏はマスターズ本戦出場権獲得、としました

詳細はこちらから
http://mkdpy.hp.infoseek.co.jp/teiouhai.html

名古屋からの参加メンバー
かめ、FAL、SANA、ひさ、日陰、すけぞー、霞海雪、KNT

この日の記事を全て読む

帝王杯レポート(FAL)

細かい感想を書き始めると収拾のつかない長文になりそうなので、
ある程度まとめて箇条書きで。

でも、最初にこれだけは言いたい!
非常に素晴しい大会だった、と。
全ての面においてBOXQ2杯を上回っていると言って過言で無いと思う。
これだけの大会が関東に存在するとなると、
今後BOXQ2杯も帝王杯とは違う特徴を出していかないと辛いね。

<会場について>
・対戦台7台稼動(大会は4台使用)
・観戦モニターはプロジェクター&大型スクリーン
・ゲーセン自体が広くて快適
・休憩用のベンチまで用意されている
・隣がローソン

<進行>
・2本先取のシングルエリミネーショントーナメント(1回負けたら終わり)
・準々決勝(BEST8)から先は3本先取
・3本先取以降は1台進行、、だったと思う

<スタッフ>
・EPMさん、アンコミ君、我妻さん、HIRO君、雪丸君、YIさん
・Tom君、Kuroro君、けれんす君、服部君、他にも居たかも
・スタッフの気配り満点。見習うところだらけ
・スタッフが首から提げた名札の裏側がみんな面白い

<参加者>
・総勢111名(BOXQ2の記録をあっさり更新)
・4強全員参加
・4強以外にも名のあるぷよらー大集合(やはし関西勢は少ない)
・参加者のモラル/マナーのよさに驚かされる

史上最大規模となった関東のぷよ通大会。
とにかく凄い、の一言。
これだけの規模にもかかわらず、何事もなく終えたスタッフの運営能力も素晴らしいと思います。
店員さんの印象も良かったそうなので、今後継続される可能性も高いと思います。
次回も必ず参加しますよ!

最後になりますが、若干気になった点
・レバー&ボタンが中央配置の台があった
・トーナメント表のシードに偏りがあり(最終ブロックに固まってた)

 

2009/06/17 近況報告(FAL)

こんばんは、FALです。

掲示板でも指摘があったので、近況をまとめておきます

<更新が色々と遅い件について>
FAL:
8末までの間、ぷよよりも優先度が高いタスクがあるので、
なかなか運営作業ができず。
細かい作業はできるのですが、まとまった時間が必要なものは後回しになりがち

IID:
最近対戦会に顔を見せてくれないので、状況不明。
他ごとで忙しいと思われます。

とりあえず、更新が何も無いのはまずいので、
不完全でも意重要な情報は簡易的な速報/定期的に近況報告
を心がけます。

<昇段戦の結果>
結果の集計は終わり、アップ用のデータも作成完了。
SANAさんが頑張ってくれました。
近日中にアップします。

<ポイントランキング>
7月大会時には皆さんに公表できるよう進めます。
集計の対象となる大会は、
1.2009年3月〜2010年1月のBOXQ2杯
2.2009年3月〜2010年のマスターズ大会までに開催される公認の大会
  (a-cho大会、帝王杯、他主催者から申請があれば随時追加)

ポイントランキングの上位10名は今年と同じく、
2010年マスターズ大会予選参加出場権付与を予定しています。

<マスターズ大会の動画>
たまに聞かれるのですが、FALが動画作成環境を持っていないため、
希望があってもなんともできない状態。

ちなみに、マスターズ本戦は全試合ビデオ録画してあります。
元々その予定で、店員さんの協力でビデオを4台設置していました。

DVD化する話も出ていましたが、進行が止まってしまっているので、
動画作成環境のある人と話をしてどうするか再度考えて見ます。

 

第6回a-choぷよぷよ通大会:2009年6月7日

大会結果
優勝:かめ
2位:live
3位:SouthXatz

 

第41回BOX・Q2杯:5月3日

一般大会
1位:FAL
2位:Squika
3位:羊インフルエンザ(SouthXatz)
4位:すけぞー
(参加人数:52人)


初中級者大会
1位:崖の上のぬわーーっ!(428)
2位:からさわ
3位:mu
4位:ETR(TOSH)
(参加人数:29人)


大会レポートを全て読む

BOXQ2杯優勝(FAL)

7年間かけてやっと初優勝です。
ありがとうございました。

今回、実は大会開始前から優勝する気満々でした。
・実力的に自分より完全上位のメンバーが皆無(4強不在
・一般大会の運営を全てIID/SANAに任せた

条件的にも「これは優勝するしかないだろう」状態。
IID君にも、事前に優勝宣言しておきました。

あとはHIRO君とSquika君を何とかするだけ。

一般大会前に行われた昇段戦は非常に不本意な結果に終わり、
精神的な弱さと調整不足を実感。

昇段戦終了後は一般大会に向けてひたすら調整のための対戦。
大会でどの台が指定されても良いように、全台で対戦してました。

一般大会開始直前ぎりぎりまで対戦し続け、
台を立ってから、とりあえずトーナメント表を見る。

初戦、2回戦の相手がしゅーえん君/さとし君と関西の強豪2連続。
さらに、BEST4に行くにはHIRO君を倒すことが条件。
結構なハイレベルブロックだったと思うけど、今日だけは負ける気がしない。

<全試合結果>
FAL 2 - 0 終焉
FAL 2 - 1 さとし
FAL 2 - 0 ひさ
FAL 3 - 0 しこら
FAL 3 - 1 すけぞー
FAL 5 - 4 Suquika

大会の進行テンポが良かったこともあり、
試合と試合の合間も他人の対戦を観察しつつ、集中力を切らさないように注意。
決勝に行くまで、結構順調だったのですが、
さとし君に1本取られ、後が無い状態の1戦は結構シビれました。

今回、初戦を落とした戦いが無かったのも2先の大会において大きかったと思います。

決勝戦のSquika君との試合。
内容が悪かった自覚はあります。
Sukuika君相手に、中盤戦を制して勝てる自信が無かったので、
極力本体勝負に持ち込む作戦。
見学者にとってみるとパッとしない地味な展開が多かったのかも。

4-4フルセットの最終戦も、途中までキーぷよしてましたが、
結構早いタイミングで本体発火に切り替えて発火。
約7万点と、先行発火としてはいまいちな点数ですが、
相手が発火できずに勝利。

今回は、とにかく運営を全て引き受けてくれた
なごやんのメンバーに感謝。
おかげさまで久しぶりに実力100%出せる大会となりました。
次回は運営を手伝います!

大会レポート(IID)

大型連休の中日だけど、何故か大会参加人数が少ない5月の大会。
それでも今回の大会参加者は一般大会52人、初中級者大会29人、全大会合わせた総参加人数は58人と、かなりの人に集まっていただいた。
この場を借りて参加者の皆様にお礼を申し上げます。
特に事前エントリーは運営側も非常に助かりますので、是非ご利用ください!

昇段戦
5月は規格型大会の月という事で、今回は昇段戦を行った。
こちらは、実際に旧AJPA(全日本ぷよ協会)の昇段戦に実際に参加していたSANAさんが中心に行ってくれた。
事前から入念に準備をしていてくれたらしく、非常にスムーズな進行で、予定時刻よりもかなり早く終わる事が出来たようだ。
こちらの詳細については、後日報告があがると思う。

初中級者大会
こちらは霞海雪君としゅーえん君が中心に運営してくれた。
予備予選→敗者復活トーナメント→本戦、という流れ。
見事1位に輝いたのは、崖の上のぬわーーっ!(428)氏。
名古屋の対戦会に良く参加されているプレイヤー。
この前も100本勝負をやっていたし、元々ネットで高い実力を持っていたので、優勝しても全然おかしく無いと思う。
前回に日陰氏が優勝して初中級大会を卒業していったので、428氏もそう遠く無い内に卒業出来そうな気がする。
2位は横浜セブンアイランドの第一部に参加されているからさわ氏。
前回に引き続き、セブンアイランド第一部の方が入賞された。
レベルの高い横浜のセブンアイランドの対戦会に参加されているだけあって、成長の早さもかなり高い。
名古屋と違い大会参加で経験が積めないというハンデはあるものの、最近はランバトも開催されているようで、大会経験の問題もクリアしてくるのも近いかも。
そのうち、初中級者大会を全てアイランド第一部の方が独占するなんて事もあるかもしれない。
3位はこちらも関東からの遠征者で、MIKADOに通っているmu氏。
BOX・Q2杯初参加でいきなり入賞はかなり凄い。
関東の対戦レベルの高さが伺える。
4位は久々に参加していただいたETR(TOSH)
元々はフィーバーの方だったけど、通でもかなりの腕を見せている。
AC経験はあまり無いようだけど、慣れてきたらかなり上位を狙えそう。

一般大会
ブロックを二つに分け、A〜C筐体はひさとすけぞー、D〜FはSANAさんと霞海雪君で担当して進行。
2ブロックに分けて、それぞれ進行していくのは、大会で使える台数の多いQ2ならではだと思う。
今回は比較的時間に余裕があったのでベスト8までは6台進行で、それ以降は2台進行で進めていく事にした。
いつも参加している、かめちゃんや服部君は不参加で、関東からのALF君やkuroro氏も参加されなく、人数も比較的少なめだったので、いつもよりは比較的勝ちやすい大会では無かったかと思う。
それでも関東や関西の遠征者と、名古屋からも多くの上級プレイヤーが参加されているので、レベルが高い事には変わらない。
そんな中ベスト8にコマを進めたのは、FAL氏、ダーク潮干狩り(4545)氏、葉露(はろー)(お魚屋)氏、すけぞー氏、羊インフルエンザ(SouthXatz)氏、太陽の申し子氏、ツンデレはキチガイ、時代はヤンデレ(stily)氏、Squika氏。
トーナメント表は後日アップする予定。
試合内容に関しては、次回のBOX・Q2杯大会CDで配布する。
この中で印象に残った試合が一つ。
Squika氏と羊インフルエンザ氏の試合で、羊インフルエンザ氏の本体に対して、Squika氏が少し早めに合わせて本体発火。
結果はSquika氏の本体の方が大きくて連鎖勝ちしたけど、羊インフルエンザ氏の連鎖がかなり際どい残り方だった。
あれを瞬時に繋がっていないと見切って発火したとすればかなりの凝視力だと思う。
後で本人に聞いたところ、完璧に見切っては居なかったけどかなり高いレベルで認識していたようだ。
最終結果はFAL氏が優勝。
最後はSquika氏とかなりレベルの高い試合をみせたけど、最近平日にもACで対戦しているFAL氏の方が若干上回ったか。
今回はFAL氏は運営という立場よりも、選手として大会に参加するという面が大きかったらしい。
と、言うわけで選手としての大会レポートを書いてくれるよう希望しておきますw

大会レポート(日陰)

皆さん大会お疲れ様でした。
今回も名古屋勢がおいしくいただきました(゚∀゚ )
FALさん、428さんおめでとうございます。

ミカドやa-choなどのレバーと感覚が違うので、本領発揮できないという点もあるかもしれません。

しかし、実力は本物。
次回の大会では関東勢の方々が入賞を獲りに来るのではないでしょうか。

名古屋も負けていられませんね〜